読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

的中馬券は確実なペースで転がり込んできます。【Nitro1】

各馬の「基本能力の比較」を常にしっかり施してこそ、

的中馬券は確実なペースで転がり込んできます。

逆に言えばそこを疎かにする人ほど馬券の成績は(悪い意味で)ムラが発生します。

適性面や展開面だけで予想して的中したとしても、

それは「たまたま」の的中ということが多い。

ですのでそこに継続性は生まれません。

 

続きを読む

 

 

中穴クラスの穴馬が次々と見つかる簡単な方法【【中穴馬券理論】ジャイアントキリング】

いったい、どうやって番狂わせを起こす馬つまり「本当は実力がある馬」を見つけるこ

とができるのでしょうか?

やはり血統やタイム、過去の戦績をコツコツ調べることが大切なのかも知れません。

さらに調教VTRをチェックしたり、ローテーションや厩舎と騎手の相性、馬場状況やA

コースとCコースの違いetc・・・

競馬は、楽して、そう簡単には当たりませんからね。

常日頃から、地道な努力を重ねないとムリなのかも・・・

そうは言うけれど、血統やタイムって面倒なんだよね、もっと簡単に分かる方法はないの?

そうですよね?

おっしゃる気持ち、よーく分かります。日夜、電車に揺られて会社に行き、死に物狂い

で働いているというのに、競馬のデータなんて調べる時間はとても無いですよね?


でも、安心してください!

実は、そんなに予想に時間をかけなくても「日刊コンピ指数」さえ手元にあれば

単勝1580円、2520円、1110円といった中穴クラスの穴馬が次々と見つかる簡単な方法

を開発しました。

 

続きを読む

逃げ馬馬券術【一騎逃先】

これまでも、逃げ馬を攻略するための本を読んだことはありますが、
僕の知る限り、本書のような方法で逃げ馬にアプローチしたものは見たことがありません。

 

馬券術を紹介した本も見たことがありますが、
考え方や作り方に具体的に迫ったものに出会ったこともありません。

 

故に、あなたが本書から価値を見出せるよう、僕の[逃げ馬馬券術]の全てを公開することに決めましたので、
ぜひ、この機会に[逃げ馬馬券術]をあなたのモノにして、本書の価値を感じてください。

 

続きを読む

1番人気のみをぶった斬るという馬券戦略を採ります。 【トレンドライン】

近走成績の良い馬から馬券を買ってしまい、1番人気馬が誕生するわけですが、それでは大きな成功を得ることは出来ません。

むしろ、他人とは反対のことをやる方がうまくいくことが多いのが投資の鉄則です。

もちろん、すべてのレースで1番人気と喧嘩するわけではありません。

あらゆる角度から解析を進めた結果、買うべきではないと判断できた1番人気のみをぶった斬るという戦略を採ります。

今回の馬券術「トレンドライン」を通じて"人の行く裏側"を学んで頂ければと考えています。

 

続きを読む

マジックのように馬を見抜きます【コンピマジック】

実際に日刊コンピと朝一オッズを比較することで、まるでマジックのように勝負掛かっている馬を見抜くことが可能です。ちょうど、この原稿を書いていた本日(2016年11月19日)の競馬でも顕著な例がありました。

11月19日(土)東京12Rの5番ワキノヒビキが日刊コンピの順位が7位であるのに対し、朝一の単勝順位が3位・複勝順位4位とそれぞれ大きな上昇を見せていました。

5番ワキノヒビキは実はここ2年間勝利をしていないどころか3着以内にも入ったことがないという馬でした。にも関わらず、「若手騎手(松若)から外国人騎手(ルメール)への乗り替わり」「関西所属馬ながら東京への遠征」「馬体重がマイナス18kgの究極仕上げ」と明らかに勝負掛かっている状況で、それが日刊コンピ=予測オッズよりも朝一に単複順位が上昇するという形で表れていました。

結果は好意から危なげなく抜け出し見事に1着でゴールインしました。

 

続きを読む

競馬で最も重要な情報は、血統です。【米田レポート2017年版/ 競馬アナリスト米田勉が予言するクラシックを制する有力馬レポート】

2,3歳馬のレースを当てるためには、
先に知らなければならないことがあります。

一つ目は、血統です。

まだ走ったことがない馬から得られる情報は少なく、
その限られた情報の中で、最も重要なものは、血統です。

続きを読む

競馬初心者の皆様でも競馬長者【一撃3連単】

当馬券術は初心者でも高額払い戻しが毎週期待できる予想スキルがマスター出来ます。

嬉しいことに既に多くの方が競馬長者の夢に近づきました。

 

​当馬券術で3連単高額払戻しを狙って頂ければ、

競馬初心者の皆様でも競馬長者が夢ではありません!

次は貴方が勝ち組に!!

 

続きを読む